プロミスですぐ借りるなら

今すぐにお金が必要ならプロミスで借りる当日の即日融資

プロミスは今すぐに借りたい場合にも安心

消費者金融大手サービスのプロミスは、申し込み当日の最短即日融資でその日のうちに現金の借り入れが利用できます。銀行振り込みでもカードの受け取りによるATMでの借り入れでもどちらでも対応が可能なため、借り方や希望内容でプロミスの使い方が選べます。

 

手軽な借り方となると来店不要の銀行振り込み融資ですが、問題となるのは時間の制限が厳しいことです。プロミスでは平日14時までのWeb契約をその日のうちのイ振り込み条件としているので、時間を過ぎてしまうと翌営業日の扱いとなってしまいます。

 

夕方や夜の時間、土日や祝日などの銀行が営業をしていないとプロミス自体が営業をしていても当日中には借りられず、審査や契約が完了をしていてもその日のうちにプロミスからの融資は受けられません

 

すぐに借りたいプロミスのキャッシング

 

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方なら瞬フリで24時間最短10秒の振り込み融資が可能となりますが、指定金融機関の口座が必要なこと、22時までの口座登録が条件となるなど利用のためのハードルは決して低くはありません。

 

それであれば、時間を過ぎてもプロミスの営業時間なら当日中に借りるためのカード発行が受けられる、自動契約機での手続きとしておくと良いです。プロミスの契約機は日本全国の広い地域に設置がされているので、どこにいてもネット申し込みからの手続きで平日も土日も早い利用開始が可能となるのです。

 

プロミスの契約機設置地域一覧

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

振り込みでの時間外に当日中に借りたいとなれば、プロミスでの手続きは契約機を使ったカードの受け取りとATMでの借り入れとなります。プロミス契約機は土曜日や日曜日でも営業をしていることで週末にお金が必要になっても借り入れが可能で、早く急ぎで現金を用立てたいときに便利です。

 

設置場所も幅広く、人口が多い地域だけに限らず地方でも契約機の設置がされているのがプロミスの強みです。人目につきにくい場所から便利な駅前まで、プロミスの契約機は他の消費者金融と比べても広いカバー地域で素早い手続きを可能としています。

 

プロミス契約機の設置数が多い理由の一つに、プロミス自体の契約コーナーのほかに、三井住友銀行のローン契約コーナーが利用できる点があります。首都圏には多くの設置がある三井住友銀行のローン契約コーナーを利用しても最短即日のカード受け取りが行えるので、とにかく多くの場所で素早くカードを手にできます。

 

受け取ったプロミスのカードは使える場所が幅広いのもプロミスの特徴で、プロミスATMの他にコンビニや金融機関の提携ATMでも利用が可能です。日本全国どこでも対応をするATMでカードが使えるため、契約後なら旅行に出ているとしても出張先であっても、限度額内で何度でも繰り返しお金が借りられます。

続きを読む≫ 2017/10/01 18:49:01

プロミスのカードローンキャッシングは全国の提携ATMで利用ができるため、近くのコンビニATMでもお金が借りられ、返す際の返済も可能となっています。今すぐ必要でもコンビニのATMで借りられるなら現金を用意できるので、急ぎのときにも助かります。

 

ただ、プロミスのカードをコンビニATMで利用をする際には、手数料の負担には注意が必要です。1万円までの利用で100円と消費税、1万円を超える金額の利用で200円と消費税がかかってしまいます。

 

コンビニATM利用手数料は一度あたりは大きな金額とはならなくても、繰り返しの利用で大きな負担となってきます。借り入れと返済を往復でコンビニATMで利用をするとなると、ともに1万円超の利用だと400円と消費税がかかってしまいます。

 

借りる金額が少額となると400円は割合としては非常に大きく、プロミスの上限の金利である年17.8%の利率で考えても400円の負担は痛いものとなります。すぐに借りたいとなると金額も大きくならず、返済をしやすくと考えるとやはり少額の利用にもなってくるので、400円もの手数料がかかるのは避けておきたいものです。

続きを読む≫ 2017/10/01 18:49:01

お金を借りるにあたっては手数料となる金利がどうしてもかかってしまい、返済時には借り入れ金額と期間からくる利息の支払いも必要となります。手軽に自由に素早く借りられるカードローンの金利はどうしても高くなるので、支払うべき利息も大きくなるのがデメリットです。

 

住宅ローンや教育ローン、マイカーローンといった目的型のローンと比べるとカードローンの利率は大幅に高く、プロミスでは上限で年17.8%、アコムとアイフル、モビットでは年18.0%となっています。一昔前のグレーゾーン金利時代の29.2%と比べると軽い負担とはなっていますが、それでも大きな利率、負担であることには変わりはありません。

 

なるべくなら借りる際の金利は気にしておきたい部分で、消費者金融で借りるのであれば金利はほぼ横並びのために比較はできませんが、低金利で低負担で借りたいと考えるなら消費者金融ではなく銀行のカードローンを見ておくべきです。

 

銀行のカードローンは初回の借り入れまでには審査や契約に時間がかかるために日数を必要としてしまいますが、契約後であればコンビニや提携金融機関のATMでカードを使って借りられるため、素早い借り入れも可能となります。

続きを読む≫ 2017/10/01 18:49:01

金利が高くなる消費者金融においても、利息を減らして借りるための方法があります。借り入れの金額を抑える、短期間で一括での返済を心がけるなどがありますが、その他であれば無利息サービスを利用するといったことも効果的です。

 

一部の消費者金融で初回限定のサービスとして行っている無利息融資は、一定の条件を満たすことで初回の借り入れが最大で30日間は無利息となるものです。プロミスならメールアドレスとWeb明細の利用登録、アコムは35日ごとの返済サイクルで無担保カードローンのはじめての利用となっており、条件とはいっても簡単に満たせる内容となっています。

 

ただ、無利息での借り入れの際には適用がされる期間、無利息のスタート時期が借り入れ先によって異なる場合があるために注意が必要です。プロミスは借り入れの翌日から、アコムは契約の翌日からとなっており、その他の無利息サービスを提供する借り入れ先でも適用となる地点が異なる場合があります。

 

契約をしてすぐに借りるならどちらも変わりはなく、即日融資での借り入れを考えているならプロミスでもアコムでも最大となる30日間の無利息期間はフルに利用ができます。アコムであれば無人契約機むじんくんで最短即日のカード発行も可能であるため、契約の翌日からの適用であっても不利にはなりません。

続きを読む≫ 2017/10/01 18:49:01

消費者金融での借り入れのスピードはそれぞれの審査基準や時間、契約にかかる内容によっても変わりますが、カードの発行の早さといった面で見ると優れているのはモビットです。

 

モビットもその他の消費者金融も契約機を利用すれば最短即日のカード発行が可能となりますが、モビットはカードの発行自体は他よりも早いです。ただ、受け取ったカードが利用できるまでの手続きはその後に必要となるため、カードを受け取ってからすぐに使えない場合もあります。

 

モビットカードの受け取りのためには各地に設置のローン申込機まで行くか、または来店不要となるWeb上での手続きを進めることとなります。モビットにはカードが発行されないWeb完結のキャッシングサービスがありますが、Web完結は通常の申し込みとは異なるために別となります。

 

ローン申込機でのカード受け取りのためには事前にネットで申し込みを進めておくのが良い流れで、スマホやパソコンで空いた時間にモビットの公式サイトから申し込みを行っておくと、カードの発行が早くなります。

続きを読む≫ 2017/10/01 18:49:01